やほログ

自分の経験を紹介する雑記ブログです。

【考察】サラリーマンと給料と江戸時代の統治視点と国の在り方

f:id:yahohokun:20190523171205p:plain

やほほです。

 

【国民は貧しい方が統治しやすい】これについて記事にしようと思います。

自分は生まれも育ちも田舎なので、祖父や祖母は毎日畑に行くような人たちでした。

そんな祖父、祖母が幼い頃の自分によく伝えてくれた言葉があります。

 

  • 汗水垂らして稼いだお金に価値がある
  • お金が無くても幸せだ
  • ギャンブル(株も含む)には絶対に手を出すな

 

要約するとこのような感じになります。

あなたも同じようなことを言われたことがあるかもしれません。

お金が嫌いだったわけではないのでしょうが、「若者が楽して稼ごうとするな。」

祖父の口癖でよく言われました。

 

 

以前の記事で【お金に関する授業はなぜないのか。】について書きました。

考察記事ですが国民が貧しいほど統治しやすいということに繋がってきますので、ぜひ一度読んでみてください。

 

www.yahoho-fukugyo.com

 

これから江戸時代の統治の仕方について書きますが、三田紀房作「インベスターZ」を参考に書かせていただきます。

実際本当に徳川家康がそう考えての行動だったのかは知りませんが、筋が通っているのでこの漫画の考察を参考にしています。

詳しく知りたい方は是非こちらの漫画を読んでみてください。

 

 

www.yahoho-fukugyo.com

 

 

また、自分はサラリーマンを好きでやっています。

語弊を招かない様、ここに記しておきます。

 

 

 

 

江戸時代の統治体制

f:id:yahohokun:20190523171252j:plain

国民はそこそこ貧しい方が統治しやすい。江戸時代が250年以上続いたことにも関係があるようですね。

徳川家康は織田信長、豊臣秀吉が天下への道を上って生き、領地を統治してきた様を見ていますよね。

主君への裏切りで隙あらば首が狙われていた時代。

 

天下をとった後、どうすれば長期政治が可能なのか、

どうすれば民衆は権力に逆らわず暮らしてくれるのか。

辿り着いた答えは、民衆を「そこそこ貧乏」にすること。

 

 

貧しいからこそ平和

武士も町民・村民も最低限食べることに困らない程度の貧乏であれば国を納めやすい。

なぜなら、民衆が金を持つと考え方が変わってしまうから。

財力があるとそれを利用し、権力を奪いに来るかもしれない。

 

幕府が大量の財を所持し、武士は身分が高く誇りに生きる、農民や町民には質素倹約が美徳、大金を持つ商人は強欲で金の亡者で汚れていると民衆に植え付けたそう。

年貢を納めて貧乏だとしても、民衆はお金より強い植え付けられた。

 

だからそこそこ貧乏が統治しやすいと考えたようですね。

 

事実かどうかはわかりませんが、この考え方は今現在の日本でも通じているものがありますよね。

 

 

国が思い描くサラリーマン

今の日本はどうでしょう。

国の利益は税収ですよね。

みなさんしっかり納めていると思います。

 

サラリーマンは国にとっても非常に良い関係にあります。

なぜなら税収が安定的に見込めるからです。

サラリーマンは毎月ある程度決まったお金が会社から支払われますよね。

税金も大きく変動することもありません。

 

個人事業主は毎年変動するであろう利益から税金を納めています。

会社も毎年の粗利や営業利益等から経費で差し引いて利益を出し納税しています。

サラリーマンは節税をほぼできません。

 

国はサラリーマンがたくさんいてくれた方が安定収入が確保できます。

 

 

 

サラリーマンの悩み

f:id:yahohokun:20190523171240j:plain

自分もサラリーマンですが共通する悩みのひとつは「お給料」だと思います。

給料が安いから転職したい・副業をして別収入が欲しい・年収1000万円にしたい。

いろんな悩みがあるのになかなか動けない人たちもたくさんいます。

 

それは今と生活状況が変わることに不安だからです。

心のどこかで「環境が変化するのが怖い」と思っている人はたくさんいるはずです。

家庭を持つ身だとなおさら環境の変化は怖いと思います。

 

だから現状維持。

これって似てませんか。

 

 

江戸時代と今の日本

f:id:yahohokun:20190523171327j:plain

給料の低いサラリーマンが転職・副業を考えるが行動に移せず、上司からは●年後には給料上がると言われその会社に居続ける。

よって毎月のお給料から一定の税金が引かれています。

当然サラリーマンなので節税はできません。

 

手取りが少な苦なると生活するのも大変ですよね。

浪費グセやギャンブルグセのある人は本当に生活するのが大変だと思います。

 

これって江戸時代の町民や農民と似てませんか

 

中小企業であれば公開されている平均年収や最低賃金などを参考に新入社員の給料から老後までのプロセスを決めているそうです。

国が出しているデータを参考に給料が決まってるようなものですね。

東京都の平均年収【20代30代40代】や年収中央値・産業別年収や最低賃金|平均年収.jp

 

 

平均年収をみると一人暮らしなら良いですが、家庭があるとなかなか贅沢をするお金を捻出するのは難しいかもしれません。

 

程よい金額ですよね。

食べるのには困らないが毎日贅沢な外食やショッピングができる程でもない。

生活する為、趣味の為、自分磨きの為に一生懸命働いて給料を増やしても、納める税金も当然増えます。

何か似てますね。

 

 

商人を経営者、幕府は国と仮定したらどうでしょう

ツイッターなどをみて居てもわかると思いますが、お金を持っているアピールをすると煙たがられるのを見かけますよね。

脱税のニュースが流れると、「それだけ稼いでいるんだから納税しろ!」などテレビ番組のインタビューなどで答えてる人もいますよね。

 

当然そのその通りですが、嫉妬も少なからずあります。

お金持ちアピールをあからさまにしていると嫌われます。

まさに江戸時代の商人ですね。

 

また、アピールしすぎると役人や税務署に目をつけられて調査がきます。

「出る杭は打たれる」といつことですね。

幕府サイドはしっかり見ていますよ。

見せしめも大事ですからね。

 

 

まとめ

江戸時代の統治体制と現在の日本は似ている事がありますね。

やはり、「国民はそこそこ貧しい方が統治しやすい」のでしょうか。

上記にも書いていますが、自分はサラリーマンを好きでやっているので別にダメとか悪いとか思っていません。

 

サラリーマンがいて安定的な税収が見込めるからこそ、国家予算に繋がるわけですし。

ただ、なにも知らずにただ税金を納めるのは勿体無いと思います。

まずは知ることから始めよう。

 

 

最後に 

上記の考察から、国はサラリーマンを必要としている事がわかりますよね。

サラリーマンは会社がなければなれません。

言い方を変えれば「会社は俺たち(サラリーマン)がまわしている」わけです。

そう。we are japanese サラリーマンですね。

 

サラリーマンもストレス溜まりますよね。

そんなサラリーマンにオススメの一曲。

 

世のサラリーマン達。

これ聴いて元気出しましょ!!

 

 

 

オススメ過去記事

www.yahoho-fukugyo.com

 

www.yahoho-fukugyo.com

 

www.yahoho-fukugyo.com