や ほ ロ グ 

20代前半で複業を始めてた私の雑記ブログです。

ブラック企業で働いてみた。こんな会社は辞めるべきですよ。

 

f:id:yahohokun:20180620153449j:plain

 

やほほです。

 

 

私がブラック企業に入社したときのお話です。

ちなみに今でもその会社にいます。

実は私は会社の養分になっていました。

 

yahoho.hatenablog.com

 

 

 

 

THEブラック企業へようこそ。

私はその当時、二十歳なので遊びたい気持ちでいっぱいでした。

就職してお金貯めてたくさん遊んでサラリーマン生活を満喫しようとしてましたね。

学生時代のバイト生活ではたくさん遊べるほど稼げませんからね。

 

実際に働いてみたら…

 

年間休日110日設置だったのですが、実際休めたのは50日程度

 

これが今流行りのブラック企業かと感じながら勤めてました。

学校の求人ではそんな過酷なこと書いてなかったのに。

最初方は帰れるときに帰ったほうがいいよと言われ18時には帰れてました。

こんな仕事で給料もらえるなんてめっちゃ楽じゃん!!!!

束の間でした。

 

 

ある程度仕事ができるよになれば仕事量が増えるのは当たり前ですね。

ただこの仕事のやり方だと一生定時退社出来ないと思えるぐらいの仕事量でした。

休日も返上して仕事にをしていました。

 

ちなみに残業代も休日出勤代も一切出ません。

 

営業なんだから成績で示せよ。

 

 

とのことです。

私の仕事の内容は、営業、現場調査、見積作成、現場管理(工事立ち会い)、

図面制作、設計、事務処理。

 

 

8時30分始業で営業や現場調査で外回りが基本です。

17時30分が定時ですがだいたい18時に帰って来てそこから内勤です。

その日の営業で頂戴した案件の見積作成、図面製作、事務処理。

だいたい22時ぐらいには帰れました。

外回りから帰る時間が遅れると終電コースです。

 

 

 

工事の日は現場8時に開始なので朝早いです。

毎朝起きる時間がバラバラで体がおかしくなりそうな時もありました。

 

 

 

工事が始まると工程ごとに写真を撮り、まとめて書類提出する為、

ずっと張り付いていないといけません。

 

 

 

wifiとノートPCを支給してくれたら、現場で見積もりや図面がかけるので

そのほうが効率よく仕事できると会社に伝えました。

 

結果、

 

 

 

 

 

無くされると大変だからダメ。

 

 

 

 

 

 

これで毎日工事が終わってから会社に戻り内勤が確定。

工事が終わる時間が遅くなると自分の帰る時間は日をまたぐ時もあります。

また、夜間の工事もありますがその日の日中と次の日も仕事です。

 

 

 

このような流れで毎日すごしてました。

 

 

 

私は自転車出勤だったので電車に追われることは無かったですが…。

 

 

 

 

まぁ1年目なんて正直仕事できることも限られるし我慢するかと思っていました。

部署が3つあり自分のいる部署が一番時間拘束が激しい所でしたね。

まぁ好きな分野だったのやりがいは感じていたので辞めませんでした。

ちなみに休みは土日祝と学校に来た求人票には書いてました。

 

 

 

最初は上司にくっついて仕事を覚えていくスタイルでした。

どこの会社も大抵はそうだと思いますが。

上司は取締役で仕事が大好きな人です。

当然土日も会社の利益のために仕事を取って来ます。

 

 

 

 

休みの日はその週の後半になるまで確定しませんでした。

 

 

 

これが結構キツかったです。

全然遊ぶ予定も立てられなく当時彼女は怒っていました。

工場などは土日の休みの日を利用して工事するのが通常です。

 

 

 

 

つまり休めません。

 

 

 

 

新卒入社で家賃を払っていて、安月給の私は貯金すらまともに出来ていませんでした。

 

手取りは18万円ぐらいです。

 

会社をやめるのは簡単ですがすぐに次の働き口を探さないと家賃が払えません。

拘束時間も長いので仕事が終わってから転職サイトをみるのも億劫でした。

負のスパイラルが完成してしまいましたね。

 

 

まぁもっとブラックな会社はたくさんあると思いますが。

 

 

 

1年経つと1人で全部やらせれるようになります。

そんな生活を2年ぐらい続けていてそろそろ辞めたくなって来た頃、ある噂が浮上。

 

 

それは社長交代です。

社長の次の古株が上司だったので間違いなく次期社長です。

 

社長になると今まで上司が持っていた案件が私に全部譲渡されます。

更に忙しくなるのかー。と思っていました。

ちなみに私の部署は上司と私だけです。

 

 

これはいよいよ辞めるかと思いましたが交渉チャンスが来たと確信しました。

 

上司が社長になり、仕事が譲渡された時に給料交渉しようと決意しました。

 

 

 

 

見事に成功しました!!!!!!

 

 

 

 

 

「この給料でこの仕事量だと釣り合わないからやめます。」

 

 

2年も以上も育てた部下に全部仕事を引き継いだら辞めると言われたら考えますよね。

部署は2人だけでその仕事ができるのは私だけですから。

 

 

基本給大幅アップに休日出勤などの手当もつきます。

まぁ普通の会社はそうですよね。

私がいた会社にしてみたか大革命でした。

上司が自分で大革命が起きたと言っていたのでそうなんでしょう。

 

 

先代から、営業は結果で示せ。結果が出たらボーナスを増やすと言われていたそうで、

結果を出すなら残業は当たり前で残業代の概念はなかったそうです。

 

 

私だけの特別措置だったので他の社員には言うなよとの釘さし。

 

 

ちなみに仕事量も減りました。

私の大勝利でしたw

 

 

営業かけなくても電話で仕事が取れるのでかなり時間の余裕ができました。

実際にこうしてブログを書けてますし。

 

 

今後輩が別の部署に入って来て、私と同じような現象が起きてます。

特別措置のため後輩には手当はありません。

代休取れと言われるも取れる日がありません。

 

 

もう辞めたいと言いていたのでそのほうがいいよと伝えました。

 

 

自分の味わった地獄を後輩に味わって欲しくなかったのと、特別措置に持っていける

タイミングまでまだまだ時間がかかることを考えたら他で働いたほうが絶対に良い。

 

 

 

ブラック企業に働いてわかったこと

ブラックだと思ったら周りに相談してみましょう。

 自分がそう思ったと言うことは間違いなくブラックだとおもます。

 

体を壊す前に辞めましょう。

 安月給で長時間拘束される会社は辞めたほうがいいです。

 体に異変が起こる前に辞めましょう。

 

思い切って会社に言ってみましょう。

 他の社員もブラックだと感じていたがみんな言えないようでした。

 自信を持って改善してくれと伝えてみるのもアリだと思います。

 同じように思っている人は援護射撃をしてくれるでしょう。

 

3年働いて一人前は信じないでください。

 ブラック企業で3年もまともに働いたらおかしくなります。

 脳もその思考に変わってしまいます。

 すぐ辞めることは逃げることではありません。

 実際に私もタイミングがなければ辞めていました。

 

 

ブラック企業の近くに住むのは辞めましょう。

 近くに住むことはメリットが大きですよね。

 電車時間で無駄な時間を過ごすことが毎日無くなります。

 遅くまで寝ていられます。

 

 ブラック企業の場合、何かあると呼び出されます。

 そのあとに電車通勤のできるエリアに引っ越そうとしたら定期代がかかるとか

 嫌味を必ず言われます。

 私がこの会社に入る前に、会社の近くに住みなさいと言われたので実行しました。

 それが良くなかったです。

 毎日遅くまでいてもい帰れるんだからなどの理由で仕事を振られます。

 

 

 ブラック企業を辞めよう

ストレスが原因で体を壊したりするのは嫌ですよね。

その原因が仕事であれば毎日ストレスになるので辞めたほうが良いです。

ブラック企業を辞めるとき、辞表を受け取ってもらない時があるみたいです。

 どうしても受け取って貰えなければ出荷証明書を発行してもらいましょう。

これで受け取りが確認できます。

  

実際に私も昔の仕事量からも解放されて自分でスケジュールを組んでいます。

客商売なので土日に依頼がきたら対応しますが、

遊ぶ予定がある日に仕事はいれません。

 

最近では毎日定時もしくは残業1時間ぐらいなのでかなり楽になりました。

 

ブラックから解放されてたら違う世界が見れました。

 

時間が勿体ないです。

 

定時に終わると今までできなかった事ができます。

友人と飲みに行ったり、習い事したり、調べごとや趣味に使う時間もできます。

 

これだけ世界が変わるもんなのかと実感する事でしょう。

ブラック企業で働くことは時間の無駄になるのですぐ辞めるのをオススメします。

まずは辞める前に交渉しましょう。

それでもダメなら辞めてほうが良いです。

 

自分の体を大切にしましょう。